口腔外科

九州大学病院顎口腔外科との連携で質の高い治療を目指しています。

口腔外科とは

口腔外科では、顎の症状口の中にできる炎症や、困難な親知らずの抜歯インプラント等、手術が必要になる歯科治療を扱います。

歯科医院によっては、口腔外科診療に対応していないところもありますが、みなみ歯科医院では開業当時より、九州大学病院の顎口腔外科の外来長が毎週来院し、診察・診療を行っています。高度な治療を必要とする難症例であっても、より専門的な知識と技術で対応が可能です。顎骨にできた嚢胞の摘出下顎隆起の切除などにも対応しています。手術については当院で行うこともできますし、提携先の九州大学病院をご紹介することもできます。

親知らずの抜歯

親知らずについては抜かずに残しておいたほうがいい場合もありますし、生え方によって、虫歯や歯周病になってしまう可能性が高いため、早めに抜歯をおすすめする場合の両方があります。
抜歯後の腫れ・麻痺について心配される方が多くいらっしゃいますので、不安がないよう、術前にご納得いただけるまで丁寧にご説明いたします。

インプラントについて

インプラントとは、失ってしまった歯の部分に人工の歯を埋め込む治療法です。

周りの組織や周囲の歯に影響を与えないという点で優れた治療法ですが、顎の骨に人工歯根を埋め、その上に義歯をかぶせるという外科的な手術を伴うため、高度な技術が求められます。1本の歯でも、すべての歯が抜けてしまった場合でも治療可能です。

みなみ歯科医院のインプラント治療の特徴

みなみ歯科医院では、最新の歯科用CTで撮影した3D画像をインプラントの治療全般に活用しています。骨格の構造や動き血管・神経の位置などを従来のような平面ではなく立体的に把握できるため、スピーディーで正確な治療が可能です。

インプラント手術の前の診断やシミュレーションはもちろん、必要に応じて手術中も歯科用CTで随時撮影を行うため、人の勘に頼ることなく、確実な切開・止血・縫合ができます。そのため術後の傷口もとてもきれいで菌も入りにくく、回復も早いのが特徴です。

また、ひとくちにインプラントといっても、実はさまざまな種類があり、それぞれに価格や特徴が異なります。当院では、長年にわたる基礎と臨床研究に基づいて開発され、その予後の良さから世界中で多くの患者さまの口腔機能の再建に使用されている、ドイツ製の「カムログインプラントシステム」を導入しています。

また当院長は、ドイツを本部とする国際口腔インプラント学会「International Society of Oral Implantology」(ISOI)の認定医であり、この30年で1200本以上のインプラント治療実績があります。

インプラントは保険がきかないため自由診療となりますが、当院では自由診療においては、5年間無料の「治療保証書」をお付けいたします。安心してお任せください。

インプラント治療の流れ

初診

インプラント治療についての説明を行います。ご不明な点は遠慮なくお尋ねください。

診査

病歴や健康状態に関する問診、口の中の検査、レントゲン写真や歯型の採取を行います。当院では歯科用CTによる3D画像を撮影します。

診断

治療方針、治療計画を決定し、そのご説明をします。3D画像によるシミュレーションで、患者さまにもわかりやすい説明を心がけています。

手術

外科処置によって顎の骨にインプラントを埋め込みます。万全を期すため手術には当院長の他、2名の医師が必ず立ち会い、全身状態の管理も徹底した上で行います。3~6ヶ月後にインプラントに人工歯を連結するためのパーツを取り付ける小外科処置を行います。

人工の歯を製作

当院内の技工室にて、歯科技工士が人工歯を製作します。

人工歯をインプラントに連結して完成です。

  • 天神みなみ歯科 Minami Dental Clinic
  • 院長ブログ Doctor’s Blog
  • Minami Dental Clinic Facebook