歯周病治療

初期なら完治可能。早期発見・早期治療をサポートします。

歯周病とは

歯周病は、歯の歯肉に近い部分に付着した歯垢(プラーク)の中にいる菌によって引き起こされる病気です。歯の根にそって歯周病菌が奥まで入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。

日本人は35歳80%以上の人が歯周病になっているという統計がありますが、実は10代から少しずつ進行し、自覚症状が出る30代の頃にはすでに歯肉炎・歯周炎になっているケースが多いのです。虫歯とは違い、ほとんど痛みがないため、気づいた時には進行が進んでいて、最悪の場合、歯を失うことにもなる恐ろしい病気です。

歯周病の症状

歯周病は初期のうちなら完治することができます。また、治療法の進歩により、かなり悪化していても、適切な治療セルフケアで歯を抜かずに済むケースも現在では多くなってきました。少しでも自覚症状があったら、早めに受診して適切な治療を受けましょう。

こんな症状に注意!

  • 歯磨きをすると歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間にすき間がでてきた
  • 歯がぐらついて噛みにくい
  • 歯が長くなった
  • 歯並びが変わってきた

当院の歯周病の治療

みなみ歯科医院では、歯周病の基本的な初期治療として、歯周ポケットの内部にまで入り込んだ歯石や細菌を専門の器具を用いて除去するSRP(スケーリング・ルートプレーニング)」を実施しています。

また、歯周病にもレーザー治療を活用しています。歯周病の進行段階は4段階に分かれ、もっとも軽度な「歯肉炎」の状態であればレーザー治療で治すことができます。歯ぐきに膿がたまって腫れや痛みが出ているような時は、レーザーを照射することにより、歯ぐきを消毒しながら膿の排出を促し、症状を改善します。

レーザーで歯周病菌の数の減少をはかり、炎症組織を焼き取る治療も行います。レーザーの光には、傷ついた組織・細胞の再生を促す「創傷治癒促進作用」があるため、レーザーで治療した場合は歯周病の再発率が低いという特徴があります。

歯周病の原因は主に歯垢(プラーク)です。しかし最近では、糖尿病や、喫煙などの嗜好、生活習慣が歯周病を引き起こしたり、悪化させる原因になっているといわれています。歯周病も生活習慣病の一つとして認知されているのです。そのため当院では、歯周病治療の一貫として、さまざまな生活習慣改善の指導歯科衛生士による歯肉マッサージも行っています。

歯周病を防ぐために

毎日のブラッシングは確かに大切です。しかし、歯を「磨いている」と「磨けている」は違いますから、歯科医院で正しいブラッシング法を学び、歯垢を丁寧に取り除くようにしましょう。また、歯垢が固まって歯石になるとブラッシングではもう除去することができません。そのような状態になる前に、少なくとも半年に一度は歯科医院で定期検診を受け、歯のクリーニングと口内の健康チェックをしてもらうことも大切です。

歯周病対策のホームケアとしては、就寝前のブラッシングと、うがい薬を使ったうがいが基本です。病気はウイルスと細菌感染によって起こるため、抵抗力が落ちている時は口の中から菌が入り込みます。手にはさまざまな菌が付着して汚れています。普段から口の中を手で触ることはやめましょう。爪を噛むなどもってのほかです。

  • 天神みなみ歯科 Minami Dental Clinic
  • 院長ブログ Doctor’s Blog
  • Minami Dental Clinic Facebook